痩せる酵素のとり方

痩せる酵素のとり方
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

痩せる酵素のとり方

 

ここ何年もブームになっているので、美肌やダイエットのために酵素アイテムを摂っている方も多いのではないでしょうか? せっかく摂るなら「意味ある酵素」を選びましょう。

 

まず知っておいていただきたいのは、酵素は大きく分けると2種類あるということです。「代謝酵素」と「消化酵素」です。

 

代謝酵素はエネルギーを作り出したり肌や髪、臓器のモトを作ったり、ホルモンを作ったりします。生命活動の基本を担っている重要な酵素ですし、肌や髪をキレイにするのにも大切な役割を果たしています。

 

そしてもう1つの消化酵素が、食物を分解するときに働いてくれるもの。唾液や胃液、膵液、腸液など消化器官から分泌される液体には、この消化酵素がたっぷり含まれています。

 

この「代謝酵素」と「消化酵素」には補完性があり、酵素全体を100とした場合、代謝酵素が95、消化酵素が5くらいが標準とされています。そして、「消化酵素が足りない!」となると、代謝酵素を消化にまわすことができるのです。

 

ということは、毎日食べすぎていたり、肉類や脂質など消化しにくい食品を多く摂っている人は、酵素が消化に回されがちになります。でも、「人の酵素力は一定」でしたよね? つまり、消化しにくい食品を多く摂っている人は代謝酵素が減ってしまい、エネルギー産生が減ったり(=燃えにくい体質に)、肌や髪の代謝が滞ったり(=肌荒れや白髪などに)してしまうのです。

 

すると、限られた酵素を消化でムダ遣いしてしまい、基礎代謝が落ちたり見た目が老けてしまったりするわけです。

 

酵素を効果的に働かせるには

 

これを防ぐために私たちがとれる手段は2つあります。

 

1つは腹八分目を心がけること。

 

「お腹いっぱい!」と感じるまで食べているとき、代謝酵素が消化酵素を応援している可能性大です。カロリー過多になるのはもちろんですが、「やせにくい体」にもつながるので、日頃から腹八分目にとどめることは大切です。

 

それからもう1つが、消化酵素を食事から積極的に摂るということ。

 

消化酵素は生の野菜や果物にたっぷり含まれています。一時期、「食事の前にフルーツを食べる」なんてダイエットも流行りましたが、消化酵素を摂るという意味では一理あります。

 

ポイントは、火を通していない、生のものを摂るということ。サンマに大根おろしを添えたり酢豚にパイナップルが入っていたり、というのは理にかなっているわけです。「糖質は減らすべきだけれど、生のフルーツは積極的に摂るべし」というのは、この消化酵素を摂るため、というわけです。

 

ちなみに、酵素の使われ方の目安として「白髪が出ているかどうか」というのがあります。酵素は生命活動の維持に大切なところから使われていき、なくても命に別状ないところから削られていきます。酵素を消化でムダにつかってしまっていると、髪を黒くするといった、なくても問題ないところは手を抜かれてしまうわけです。

 

美腸でキレイに痩せる

 

私はかつて、便秘薬がないとお通しがないほどのガンコな便秘体質でした。でも、いったん薬に頼るとどんどん量が増えてしまいますし、自分の力で排泄できなくなってしまいがち。

 

そんな私か便秘を克服できたのは、ひとえに「菌活」のおかげです。

 

まず大切なのは、「さまざまな種類の菌を摂る」ということです。ヨーグルトやぬか漬け、納豆、キムチ、みそ、チーズといった発酵食品は善玉菌の宝庫です。必ず数種類を冷蔵庫に常備しておきましょう。このとき、使われている菌が腸まで届くタイプであるかどうかと共に、「甘み」を何でつけているかもチェックします(糖分不使用のものがベターですが)。もしも「果糖ブドウ糖液」と書いててあったら、その食品はおすすめできません!

 

果糖ブドウ精液は砂糖よりも安く、甘みは強いのに満腹中枢は刺激しない糖分なのでダイエットの天敵なのです。ならば、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖を入れているようなメーカーのものを選びましょう。

 

さらに注意したいのが、「これを気に入っているから」と同じものを毎日摂ること。

 

腸内細菌は1000種以上に及びますし、乳酸菌ひとつとっても300種類あると言われています。そんなにたくさんある菌の中で、どれが自分の腸と相性がいいかなんて調べられません。ですから、「さまざまな種類の菌を摂る」という意味で、いろいろな品を取り入れるのが正解なのです。

 

サプリメントで乳酸菌をとる

 

そしてもう1つの手は、サプリメントの活用です。

 

単純に「菌数」で比べるのではなく、どんな菌を入れているのか、どんな形で菌を届けているのかに注目しましょう。

 

なるべく腸に届くものを選ぶことが肝心です。死活菌も善玉菌のエサになるので決してムダではありませんが、腸の細菌バランスを整えるにはやはり生きた状態で届くのがいちばんです。

 

善玉菌を売りにしている食品やサプリなら「生きたまま届く」といった文言が必ず入っていますので、それを目安にしてください。

 

また、善玉菌を含む食品やサプリの効果を高めるためにも、ファスティングは有効です。悪玉菌が優勢になっている腸をリセットできるので、便秘がちな人、便が臭うという人(悪玉菌が多い証拠です)は、試してみる価値は大きいと思います。

 

便秘によって体の巡りが悪くなるということは、当然、やせる循環を妨げる一因となり、ダイエットの敵なのは言うまでもありません。痩せやすさや免疫力を左右する腸の力、乳酸菌の力でぜひ最大限に引き出してあげましょう。

 

痩せられない本当の原因と確実に痩せられるダイエット法はこちら >>

 

 

 

121種類の酵素と乳酸菌の力でキレイで痩せやすい体に

121種類の植物発酵エキスとスマート乳酸菌をたっぷり配合
  • 厳選された酵素とスマート乳酸菌の働きにより腸内環境をしっかりと整えて、「でぶ菌」を減少させ、「やせ菌」を増やすことにより痩せやすい体になれます。
  •  

  • 乳酸菌と相性の良い「食物繊維」もたっぷり配合されています。
  •  

  • 香料・着色料・保存料などの食品添加物不使用の、体のためを思った完全無添加サプリメントです。
  •  

  • 腸内環境が整うことによって、基礎代謝が高まり痩せやすい体質になれるだけではなく、便秘解消や、美肌効果も期待できます。
  •  

  • 100%国内製造なので安心安全なサプリメントです。
  •  

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加