「デブ菌」を体から追い出す食事

「デブ菌」を体から追い出すための食材
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

「デブ菌」を体から追い出すための食材

 

普段忙しくて外食しがちな人、自宅で食事ができない人も、少しの手間を惜しまずダイエットフードを常備しましょう。

 

私が実践している食事のポイントを伝授します。

 

朝の腸を効果的に使おう

 

人間の腸は、朝の7時から9時くらいの時間帯ががもっとも消化力が活発になっています。

 

この時間帯に食べたものは、効率的に吸収されるので、ダイエットに効果の高い成分を体に取り入れやすい時間帯ともいえるのです。

 

朝になると胃の中にものがなくなり、体は食べものを欲するようになります。お腹が鳴るのは、身体が食べ物を受け入れる用意ができましたという身体からのサインなのです。

 

「朝起きてお腹がそんなに空いていない」という人であれば、夜の食べ物の量をいつもの8割くらいに減らしたり、主食(パンや米)などを抜いてみてはいかがでしょうか。

 

また、毎晩酒を飲む習慣のある人は、お酒は「2杯まで」というルールを守るようにしましょう。それ以上飲んでしまうと、免疫力が下がってしまい、腸に負担がかかり、腸内環境を乱してえしまう原因になってしまうのです。

 

朝食をおいしく食べて効率的に痩せる体を作る食べ物を吸収するには、夜の食べ方と飲み方が大切になってくるのです。

 

昼食のとり方に注意する

 

仕事を持っている人は、昼食は外食という人が多いでしょう。外食は、食品添加物などの腸に悪いものが入ってきやすいので要注意です。

 

お弁当を買う場合であれば、コンビニやスーパーなどで大量に作られるものを買うのではなく、手作り弁当などが売っているお店でランチを買うのがオススメです。

 

ただし、昼食で腸に悪いものを入れてしまったとしても、その分朝と夜で腸内細菌が喜ぶものをあげれば、調整が取れます。

 

その日に取り返せなければ、翌朝にダイエットフードを多めに食べるようにするとよいでしょう。

 

白ご飯はなるべく食べない

 

白米やパン、ラーメン、パスタ、白砂糖などの白ぐ精製された食品は、食物繊維をきれいにそぎ落としているために腸からの吸収が早く、血糖値が急上昇してしまいます。

 

いつまでも若いときのように白ご飯中心の食事のとり方をしているとエネルギー源として利用されなかった糖は脂肪となり体内に蓄積されてしまいます。

 

主食がないと満足できないという人は、白米を食べるのは避けるようにして五穀米や玄米のある定食屋さんを見つけておくのがおすすめです。

 

たんぱく質を補って適度な運動をする

 

年をとってきたら週2回ほどステーキを食べ、たんぱく質を補うのがおすすめです。

 

ただし、ステーキを食べる時は脂肪の多い肉は食べないようにしましょう。脂肪分は悪玉菌のエサになりやすいので、悪玉菌優勢の腸になってしまうかもしれません。そうならないように、一緒に彩りがいいサラダもたくさん食べて食物繊維をたくさんとることが大切になります。

 

さらに発酵食品をとる食生活を心がけ、週に数回20〜30分のウォーキングやジムで体を動かすなど、ほどはどの運動を行いましょう。

 

腸の蠕動運動が活発になることによって、便秘の改善にもつながります。

 

便秘を改善してお腹がスッキリに

 

もち麦の最大の特徴は、食物繊維の豊富さです。その含有量は、白米の約25倍、玄米の4倍もあります。

 

ですから血糖値を急上昇させる心配がありません。そのうえ、腸内細菌の大好物である水溶性食物繊維をたっぷりと含んでいるので、毎日食べることで腸内環境がどんどんよくなります。

 

便秘がちの人は、するりと心地よく排便できるようになるはずです。

 

白米がやめられない人は、白米にもち麦を混ぜて炊きましょう。白米のような炊き上がりで、十分な食物繊維を摂取できます。

 

免疫力を強くする効果もある

 

もち麦の水溶性食物繊維の大部分は、β−グルカンが占めています。このβIグルカンは、天然でもっとも有効な免疫増強物質です。

 

免疫システムには、細菌やカビ、酵母にただちに反応する働きがあります。食材の細胞壁に存在するβ−グルカンを察知すると免疫システムがすばやく働き、攻撃を加えます。

 

そうした外敵との闘いのたびに免疫力は鍛えられ、強く発達します。よって、もち麦を食べることは、ダイエット効果だけでなく免疫強化にもつながるのです。

 

もち麦ご飯の炊き方

 

(作り方〉(※米1合、もち麦1合の5割炊き方法)

 

  • 米1合を研ぎ、水をよく切って炊飯器に入れる。
  • もち麦1合を加えて軽く混ぜる。もち麦は洗わなくてもよい。
  • 白米用の2〜3合の目盛りを目安に水を入れ、30分吸水させて通常通りに炊く。
  • 炊ぎ上がったら、5〜10分ほど蒸らせばでき上がり。

 

ゆでもち麦の作り方

 

〈準備するもの〉

  • もち麦・お好みの分量
  • ざる

 

〈作り方〉

  • 鍋にたっぷりの水を入れて沸騰させ、ゆでたい分量のもち麦を入れる。
  • 15〜20分、好みの硬さになるまでゆでる。
  • もち麦がゆであがったらざるに上げ、流水でぬめりが取れるまで流す。
  • 水気を切ったらでき上がり。

※2〜3週間冷凍保存可能

 

オススメのもち麦の食べ方

 

ゆでもち麦は、いろいろな料理に加えて楽しむことのできるダイエットフードです。

 

とくに一番のおすすめは、「ネバネバ3兄弟+ゆでもち麦」です。

 

納豆にプラスして、オクラ、メカブ、長芋、モロヘイヤなどのネバネバ食材を2品加え、そこにゆでもち麦を加えてよく混ぜます。

 

水溶性食物繊維が十分にとれて、ダイエット効果も高まりますので、朝食に取り入れるのがおすすめです。

 

その他にも、オリーブオイルともち麦を和えてからサラダに加えてもおいしくいただけます。

 

 

ウエスト周りのお肉を落とす「もち米」のアレンジレシピ@

 

ウエスト周りのお肉を落とす「もち米」のアレンジレシピA

 

キャベツは胃腸を健康にしてくれる

 

キャベツにはビタミンUという特有の栄養素が含まれています。この成分には、胃腸の粘膜を守り、荒れて弱った粘膜の修復を助ける作用があります。

 

ビタミンUは、キャベツの絞り汁から潰瘍を抑える成分として発見され、「キャベジン」という胃薬にもなっています。

 

そのうえ、食物繊維をバランスよく含んでいるので、腸を健康にしてくれます。胃腸が元気になれば、腸内細菌も活発になり、腸内環境が右肩上がりによくなります。善玉菌の働きも活性化してヤセ菌優位の腸になり、やせやすくなります。

 

また、キャベツはビタミンCも豊富です。葉を4枚食べれば、1日の必要量をとることができます。ビタミンCには、免疫細胞の働きを促進する作用があり、風邪などの感染症を含め、あらゆる病気の予防に役立ち、疲労回復や美肌効果も期待できます。

 

他にも潰瘍で傷ついた胃腸の粘膜を止血したり、カルシウムの働きを助ける作用のあるビタミンKを含んでいます。よって、キャベツを食べることは、骨粗しょう症の予防にもなります。

 

酢キャベツは、小皿一杯でよいので少量ずつ毎日食ぺると効果的です。

 

 

酢で高血圧を防ぐ

 

酢にも悪玉菌の過剰繁殖を防ぐ働きがあります。しかも、毎食大さじ1杯の酢をとることで、食後の血糖値上昇を抑えて。糖尿病を予防する効果もあります。

 

酢の主成分は酢酸とアミノ酸です。酢酸には、高血圧予防、肝臓の酵素活性化、大腸がんの予防などの健康効果があります。

 

アミノ酸は、たんぱく質を構成する最小の成分で、体に吸収されると丈夫な細胞が再生されます。やめると数日でもとの状態にもどつてしまうので、効果を得るためには、毎日継続することが大切です。

 

 

肝臓の疲労回復にも効果がある

 

酢キャベツには、肝臓の働きを回復させる効果も期待できます。

 

キャベツに含まれるビタミンUには、肝臓の働きを活性化する作用もあるからです。

 

そのうえ、キャベツのイノシトールという成分は、血管内のコレステロールの流れを整え、肝臓に中性脂肪やコレステロールがたまるのを防ぐ働きがあります。

 

さらに、肝臓にすでにたまった中性脂肪を減らす作用もあるので、酢キャベツを食べることは、胃の健康だけではなく肝臓の状態もよくしてくれることで、全身の不調の改善に役立ちます。

 

 

酢キャベツの作り方

 

〈準備するもの〉

  • キャベツ…大1/2個
  • 酢…200ml
  • 塩…小さじ2
  • 粒マスタード…小さじ2
  • 保存用袋…1枚

 

〈作り方〉

  • キャベツを洗い、せん切りにする。
  • キャベツ、塩を保存用袋に入れて、しんなりするまで軽くもむ。
  • 酢と粒マスタードを加えて軽くもむ。
  • 半日ほど漬けたらでき上がり。

 

痩せ体質になれる「酢キャベツ」のアレンジレシピ@

 

痩せ体質になれる「酢キャベツ」のアレンジレシピA

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

「デブ菌」を体から追い出すための食材記事一覧

ウエスト周りのお肉を落とす「もち米」のレシピ@

もち麦チャウダー[材料(2人分)]にんじん…1/3本(60g)玉ねぎ…1/4個(50g)オリーブ油…小さじ1水…1と1/4カップもち麦(炊いたもの)…100gホールコーン…大さじ2 (20g)あさり(むき身)…100g牛乳…1と1/4カップ塩…小さじ1/3こしよう…少々パセリ(みじん切り)…適量[作...

≫続きを読む

 

ウエスト周りのお肉を落とす「もち米」のレシピA

ひじきともち麦の和風サラダ[材料(2人分)]カニかまぼこ…4本(32g)オクラ…6本もち麦(炊いたもの)…100g大豆(水煮)…509蒸しひじき…50g大葉…3〜4枚ドレッシングおろししようが…小さじ1ポン酢しょうゆ…小さじ4マヨネーズ…小さじ2[作り方]カニかまぼこは半分の長さに切って粗くほぐす。...

≫続きを読む

 

痩せ体質になれる「酢キャベツ」のアレンジレシピ@

酢キャベツ奴[材料(2人分)]絹ごし豆腐…2/3丁(200g)酢キャベツ…80gしょうゆ…適量七昧唐辛子…適量[作り方]豆腐は半分に切って器に盛る。酢キャベツをのせ、しょうゆを回しかけ、お好みで七昧唐辛子をふる。簡単ポテサラ[材料(2人分)]じゃがいも…1個(200g)酢キャベツ…80gマヨネーズ…...

≫続きを読む

 

痩せ体質になれる「酢キャベツ」のアレンジレシピA

酢キャベツの冷やし中華[材料(2人分)]トマト…1/2個きゅうり…1本ハム…4枚中華麺(生)…2玉酢キャベツ…lOOgタレ塩…小さじ1/4しょうゆ…大さじ2酢キャベツの酢…大さじ2砂糖…小さじ2ごま油…小さじ1白いりごま…大さじ1[作り方]トマトは薄いくし形切りにし、きゅうりとハムは細切りにする。中...

≫続きを読む